たるみ肌に改善効果がある美顔器newaリフトとコラーゲン

1月26日はコラーゲンの日!

NEWA20170916

1月26日はコラーゲンの日だそうです!そんな日があったのをご存知でしょうか。この日は1960年にあるメーカーがコラーゲン可溶化技術」の特許を出願した日なんです。コラーゲンが広く応用されるように記念すべき日としてコラーゲンの日と制定されたそうです。

 

コラーゲンとは、人間の体内にもっとも多く含まれるたんぱく質の一種になります。人間の体の約20%はたんぱく質でできており、その3分の1はコラーゲンが占めています。皮膚、筋肉、内臓、骨、関節、目や髪などあらゆる組織に存在しており、おもに細胞をつないで支えています。皮膚の真皮では、水分を除いてコラーゲン繊維は75%を占める主要成分になります。網状のネットワークをつくることで、細胞を規則正しく整列させて、皮膚をしっかりと支え、弾力を維持しています。

 

その私たちにとって大切なコラーゲンの量が10代後半をピークに減少していくのです。紫外線、喫煙、過労などの影響で活性酸素が発生し、酸化が進むと、コラーゲン繊維は変性、減少します。その結果、肌の弾力が失われてシワやたるみをつくる原因となってしまいます。

 

 

一日一食大豆食品を摂取する

 

大豆は畑の肉と呼ばれるくらいにたんぱく質を豊富に含んでいます。必須アミノ酸もバランスよく含まれた良質なものです。さらには、食物繊維、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸などの栄養素が含まれているスーパーフードなんです!たんぱく質は人間の体の筋肉、内臓、皮膚などの組織をつくる成分です。健康や美容にとってはとても大切な栄養素になります。
 
大豆には女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンは含まれています。これはフラノボイドの一種となります。植物エストロゲンの一つといわれており、化学構造が女性ホルモンに似ていてエストロゲン受容体に結合することからエストロゲンの働きに似た生体作用をしてくれます。

 

大豆イソフラボンの効果
 
・更年期障害の軽減
・骨粗しょう症の予防
・肌のハリを保つ
・新陳代謝を高める
・肌の生まれ変わりを促進
 
大豆イソフラボンとエクオール菌
 
 大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分から、腸内細菌の力を借りて「エクオール」に変換できる人は、大豆イソフラボンの効果が他の人より高い可能性があります。エクオールはダイゼインよりもよりエストロゲンに似た働きをするためだそうです。エクオール産生菌(腸内細菌)を持っている人は日本人の20代では20%程度と結構少数になります。大豆の摂取量などによる腸内環境の違いによるものとされています。

 

 

NEWA20170916

 

 

>>肌にハリを出す美顔器「NEWA」リフト