たるみ肌に改善効果がある美顔器newaリフト

目と頬のたるみを引き起こす原因と改善方法

たるみを引き起こす要因に眼輪筋と頬骨筋の衰えが考えられます。目から口にかけて伸びる筋肉と目のまわりの筋肉は年齢を重ねると共に薄く弱くなりやすく、支えきれなくなった脂肪が下がってたるんでしまうことがあります。そうなるとほうれい線も頬の筋肉も下がって目立つという結果になってしまいます。

 

20年前はたるみ治療というとフェイスリフトや脂肪吸引などが圧倒的に多かったそうですが、最近ではよりリスクの少ない方法で確実に効果を出せる方法が沢山あります。顔のたるみは、ほうれい線など気になる部分だけに集中するのではなく、肌に負担の少ない方法で顔全体のたるみを改善していく方向に治療の流れも変わってきています。たるみの原因には様々な理由が考えられることから、改善法も組み合わせていくことで効果を上げることができると言えます

 

 

FACE EXCERCISE

NEWA20

 

 

目のまわりの筋肉エクササイズ

 

 

目のまわりの筋肉は年齢と共に萎縮して薄くなります。目元の脂肪を支える力を弱めないために目のまわりの筋肉をよく動かしていきましょう!

 

@目をギュッと閉じて、そのまま5秒キープします。
A目を大きく見開いて5秒キープします。
これを交互に10回繰り返します。

 

B手のひらでこぶしを作ります
Cこぶしの手のひら側を内側にして指の第一関節部分(平らな部分)を眉毛にあてます。
D手首を左右に回転させるようにしながら眉毛のあたりをマッサージしていきます。
気持ちが良いと感じるくらいに力をいれていきます。

 

ワンポイントアドバイス

アイクリームを使う際にこすらないようにマッサージしてあげると血行促進の効果があります。
目頭から円を描くようにこめかみまでゆっくりマッサージしながらアイクリームをつけてあげるのも効果的です!

 

 

 

頬の引き上げエクササイズ

 

 

頬の筋肉を意識しながらエクササイズをしていきましょう。ほんの少しでも十分に効果があります。

 

@頬の筋肉を人差し指で軽く押さえます。
A口角を引き上げてニッと笑いながら10秒キープします。
これを10回繰り返します。

 

ワンポイントアドバイス

食事をするときに片方の歯で噛む癖がある人は左右バランス良く噛むようにしましょう。また、食事はよく噛むようにして咀嚼筋を鍛えましょう。

 

 

>>顔のたるみを改善する美顔器「NEWAリフト」