たるみ肌に改善効果がある美顔器newaリフト

たるみをカバーするメイク

いつもと同じ化粧をしているのに何故かパッとしない、肌がくすんでいるのかなと感じたことはありませんか。顔にたるみが出るとほうれい線、頬や目元に影ができてしまうことがあります。化粧品や美顔器でお手入れをしながら化粧でもたるみをカバーしていく方法をご紹介します。

 

お化粧をはじめる前に

 

お化粧をはじめる前に保湿とマッサージをするだけで本当に結果が違います。メイク前に1分程のマッサージをするだけで頬も引きあがりますし表情にも変化があります。保湿はしっかりとした場合、肌の上に油分が残っていることがよくありますので軽くティッシュオフしてあげてください。

 

お化粧下地

 

たるみやくすみでお悩みの場合、カバー力の強いファンデーションでしっかり隠したくなるのですが、厚化粧は崩れの原因にもなりますし、肌年齢が上がって見えてしまうことも。。
そこでオススメなのが下地です!カバーをしっかりしたい方にはファンデーションより下地をほんの少し多めに使う方が仕上がりも自然になります。オススメなのは自然なツヤが出る、カラーコントロールができるものが良いです。もし色つき下地を使いたいという方はイエローが無難だと思います。

 

塗り方のコツ・・・頬の中央部分から塗り始めます。塗る時は力が入り過ぎる人差し指ではなく中指が良いです。下地を伸ばして指でタッピングする、伸ばす⇒タッピングを繰り返して顔全体均一に塗っていきます。塗り終わったらスポンジで軽く叩くように馴染ませるとメイクのモチも良くなります。自分の気になる部分(ほうれい線、目の下、口元)に少し多めにつけてあげても良いです。

 

注意!・・・顔全体にのっぺりつけるのではなく、顔の中心部分が多め、そこからこめかみ、フェイスライン、前髪の生え際に向かって薄くなるように塗ります。そうすることで顔に立体感を出しやすくなります。

 

ファンデーション

 

パウダーファンデーションでもリキッドファンデーションでもマットタイプではなくほんのりツヤが出るものをオススメします。パウダーファンデーションをお使いの方は自分のトーンよりやや明るめのものをオススメします。(首に合わせて浮かないくらいの明るさです)

 

塗り方のコツ・・・下地と同様で顔の中心部に多め、中心から外側に向かって薄くなるように塗っていきます。

 

注意!・・・下地を多めにつけた部分にはファンデーションを塗りすぎないように気を付けて下さい。

 

私のお気に入りはマキアレーベルの薬用クリアエステヴェールとプレストパウダーです!
パウダーはややマットに仕上がるのですが、後でツヤを仕込むのでこれくらいでも大丈夫です。

 

NEWA20

 

夏場に体と手に日焼け止めをつけておらず、焼けてしまいました(笑)

 

NEWA20

 

まず、ファンデーションのみです。ツヤと透明感がでます。これを塗ると頬の高い部分に自然とツヤが出るのでお気に入りです。肌あれでファンデーションが合わなかったときに出会いました。今ではお気に入りアイテムの一つになっています。

 

NEWA20

 

プレストパウダーで仕上げました。透明感が一段とアップする感じです。つけた後のサラサラ感も気に入っています。

 

NEWA20

 

 

 

 

 

>>薬用美白ファンデーション マキアレーベル

 

ツヤを仕込む

 

ここがたるみカバーメイクで最も大切な部分になります!顔に自然なツヤを仕込んでいきます。ここで注意していただきたいのがファンデーションを塗った上にツヤを仕込むのでファンデーションがヨレないようにすることです。これは塗り方のコツをご参照下さい。

 

ツヤ作りにオススメのアイテム
RMS マスターミキサー

 

ローズゴールド系の肌に馴染みの良いツヤが簡単に作れます!

NEWA20

 

 

NEWA20

 

色を見るとえっ!結構ブラウン?と思われるかと思います(笑)つけるとツヤだけが残る感じです。

 

NEWA20

 

 

手にマスターミキサーをのせて撮影しました。

 

NEWA20

 

頬、鼻筋、こめかみにつけると自然なツヤが出ます。私はチークの下地としても使っています。

 

NEWA20

 

 

塗り方コツ

マスターミキサーはクリームタイプになりますので、力を入れてピーっと塗りますとファンデーションのヨレの原因になります。

塗る時は少量を取り、指でポンポン叩きながら塗ります。そして量が足りなくなったらまた少量とるようにすると失敗がないです。

 

ツヤを仕込む部分

@頬の中心部からこめかみにかけてナイキのマークのようにトントンと指で叩きながら塗っていきます。ほうれい線が気になる場合は頬の中心部少し内側にも多塗ります

A鼻筋に少量を指でトントン叩くようにつけます。(鼻筋全体に入れるのではなく、鼻筋の真ん中あたりから上下に少しだけ伸ばしたくらいの長さで結構です)

B眉毛頭の上にほんの少し(1pくらい)

C前髪中央の生え際にほんの少し(1pくらい)

ポイント・・・目の下のたるみが気になったら目頭にほんの少量で結構ですのでつけてあげるだけで目周りが明るくなります。

 

注意・・・最初は少しずつ塗るのが失敗しないコツです。足りない場合、量は増やせますが一度多めにつけてしまうと修正が難しくなります。もし多めにつけてしまった場合はティッシュオフをします。ファンデーションがヨレてしまった場合はヨレた部分をスポンジで叩いて馴染ませます。その後にパウダーで軽くおさえてokです!

 

 

 

 

 

>>NY発のナチュラルコスメ【rms beauty アールエムエス ビューティー】

 

 

チークで頬位置アップ

 

チークを入れる場所は、まずニッと笑って頬が一番高く盛り上がる部分に色をのせます。そこから可愛い感じに仕上げたいときは丸く仕上げます。少しシャープにみせたい場合は横に自然に伸ばしていきます。
色はアプリコットオレンジ系はどんなトーンにも似合う色だと思います。私はマスターミキサーの上にRMSのクリームチークを少量のせて仕上げていますが、パウダーでもOKです。
私の使用色はRMSリップチーク(スマイル)です。リップにもチークにも使えるので便利ですよ。

 

 

たるみが気になるときくすみが気になるときは透明感のある肌仕上がりとツヤでたるみをカバーしていくと自然になります。
ファンデーションの厚塗りは顔の立体感もなくなってしまうので是非この方法を試してみて下さい!

 

 

NEWAリフトでたるみを改善する