午前中はデトックスに良い!?

一日3食は食べすぎ!?

NEWA

 

 

中医学の食養生の考え方からすると一日3食は食べすぎなのだそうです。そうは言っても現代の私達の食事パターンは3食になってしまっているため、その3食にどのようなものを頂くか、どのようなサイクル、時間で食べているかで健康や美容にも影響が出てくることになります。食べることは重要です。そして胃を休ませることも重要なのです。日常の中で胃を休めることを気にしながら食べている方はどのくらいいるのでしょうか。

 

最近は体が重いな、疲れが溜まっている、胃の調子が悪いなどと感じた時には朝食の内容を見直してみては如何でしょうか。一日の始まりに食べる朝食をたっぷりの水分とフルーツに変えてデトックスをしてみるのも良い方法です。午前中は体が代謝を上げて、体内に溜まった毒素を排泄するのに良いタイミングです。フルーツはデトックスを助けてくれます。フルーツは酵素をたくさん含んでいます。そして20分くらいで消化されて腸に移動しますので消化にも負担がありません。体内にある消化酵素を無駄に使わずにすみます。

 

ご飯やパンは消化に3~4時間かかります。肉類は8時間程かかります。デトックスをする時にはフルーツのみを食べると利点を生かすことができます。朝からフルーツを食べようと思うといろんな種類のフルーツを用意しないといけないと思いがちですが、りんごやオレンジや旬のフルーツがオススメです。1~2種類で問題ないです。

 

人間は酵素を使って、内臓や体を動かしています。その酵素を使えば使うほど老化を進めることになってしまいます。胃を休めて無駄な酵素を使わずに、フルーツのように酵素を持っている食材を積極的に食べることはアンチエイジングにもつながります。

 

 

Fruit Detox

NEWA

 

 

 

>>今話題のアンチエイジング美顔器

 

>>アンチエイジングはいつから始めるべき?