たるみ肌に改善効果がある美顔器newaリフト

30歳を過ぎたら

NEWA

 

肌のたるみは年を重ねるごとに多くの方に起こる自然な現象です。これには気付いたときからの予防がとても大切です。たるみとは、しわと同じように皮膚の弾力性を保つ真皮の成分やコラーゲン、エラスチンなどの線維が老化(変形)することにより起こる現象です。20代の皮膚は顔の筋肉や骨にしっかりくっついた状態になります。30代を過ぎると肌は加齢によって弾力を失っていきます。そうなると顔の筋肉や骨への吸着力が低下して皮膚や脂肪の位置が下がっていきます。それが一般にいわれるたるみという症状になります。

 

 

加齢によるたるみの原因とは

 

加齢によるたるみの原因は、真皮の線維に関係します。真皮の70%を占めると言われるコラーゲンは弾力のある繊維になります。細胞ではないのでターンオーバーで生まれ変わることがなく、加齢により古いゴムのように弾力を失います。線維芽細胞から新たなコラーゲンが生まれることもあります。けれど40代以降は再生が行われることが難しくなり、線維の量も減り表皮や骨、筋肉をひきつけておく弾力を失っていきます。

 

たるみの大きな原因

 

@加齢による筋肉の衰え
A紫外線
Bストレス
C肌への刺激(こするや摩擦などにより)
D喫煙

 上まぶたのたるみ

 

NEWA

 

 

上まぶたのたるみはアイメイクを落とすときのダメージが原因になることもあります。目のまわりにある眼輪筋の衰えと、真皮の線維の減少や、目のまわりは皮脂腺が少ないのでドライになりやすく休むことなくまばたきするため老化や皮膚が衰えやすい筋肉になります。強いクレンジングを使用してアイメイクを落としたり、ゴシゴシと力を入れすぎると皮膚をたるませる原因になってしまうことがあります。アイメイクを落とす際には優しく、またウォータープルーフマスカラを落とすときなどは専用の強すぎないリムーバーを使用することがオススメです。最近はお湯で落ちるマスカラがたくさんあります。普段はお湯で落ちるマスカラを使い、海やレジャーなどにウォータープルーフを使うなど使いわけをしてもいいかもしれません。

 

 

お湯でおちるマスカラ
 

 

NEWA

メイベリン 
ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル

 

NEWA

デジャヴ 
塗るつけまつげ
 
 

まぶたのたるみの解決法

@ アイメイクは優しく落とす
 
A 目まわりの表情を鍛える筋トレを行う
 
目まわりの筋トレ◎
 
1.視線を上下に動かす。上下5回を2セット
2.視線を左右に動かす。左右5回を2セット
3.鼻先を見つめて、視線を真ん中に集中。5回寄せるのを2セット

 

小鼻の横のたるみチェック!ほうれい線のサイン!?

 

小鼻の横から口の両側を通って、あごの方に続くしわがほうれい線になります。表情ジワにも見えるのですが、表情筋の衰えによって頬の厚い脂肪が下がってできたたるみになります。美肌を目指すには毛穴の開きも改善していきたいですよね。毛穴の開きは「乾燥」や皮膚のたるみから生じる『毛穴のたるみ』になります。

 

夏は毛穴が目立つように感じる方が多いですが、実は冬場など外気の乾燥する季節に毛穴が開きやすくなることがあります。原因は乾燥により肌が引っ張られて毛穴が開きやすくなります。また肌の水分不足は弾力が奪われる原因にもなります。毛穴を目立たなくするにはしっかりと保湿することが重要なのです。

 

また、毛穴でも長細く変形して下に伸びた形状になっているものがあります。肌の弾力がなくなると毛穴も重力に逆らえなくなりこのような形になります。また、たるんだ毛穴がつながると小じわのように見えることがあります。

 

毛穴が気になる人は喫煙に注意してください!毛穴ケアや美肌ケアにも欠かせないとされるビタミンCですが、喫煙により破壊され、ニコチンによって血管が萎縮してしまい血行不良が起きます。そうなると新陳代謝も悪くなり、肌細胞の生成が妨げられてしまいます。その結果、肌の弾力が奪われて毛穴が開いてしまいます。

 

喫煙は美肌にとって大敵です。睡眠改善、食生活改善などの生活習慣改善の見直しもとても大切になります。

 

 

長時間、無表情でいる人は注意!

 

頬のたるみが気になる人は「ブルドックフェイス」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。表情筋の衰え、筋肉の疲れ、脂肪の蓄積が原因といわれています。一人でいる時間が長かったり、無表情でいる時間が多い人は要注意です。ストレスや過労、睡眠不足などで筋肉が緊張し続けた後も、表情筋が疲労により脂肪が下がってしまうこともあります。

 

解決するには・・・

 

★ 笑顔のフェイス筋トレを習慣づける(口角を上げる習慣をつける、鏡の前で笑顔トレーニングをするなど)

 

★ リラックスする時間を設けるようにする(ぬるま湯に長めにつかる、スマホ、パソコンは寝る前に使わないようするなど)

 

また、頬からあごのたるみも表情筋の衰えに関係があります。顔の中でも脂肪の厚い部分になり、表情筋が衰えてくるとこの脂肪を支えきれなくなり全体的に輪郭のラインが下がり、二重あご気味になったり、フェイスラインが四角い印象になります。表情筋の衰えにはリンパの滞りも原因になります。リンパは体の中の老廃物や疲労物質を回収して静脈に戻す働きがあります。リンパの流れが滞るとむくみやたるみの原因にもなります。

 

解決するには・・・

 

★ フェイス・エクササイズ

 

★リンパマッサージを行う

 

 

>>たるみを改善する美顔器NEWAリフト